高齢者の食事も安心快適~介護を支える知識と技術~

介護

優れている機能性

介護の現場以外でも様々な用途で活躍する介護エプロン

介護

介護の現場に必要とされる介護エプロンは、需要に伴い機能や素材がより使いやすい物へと研究され日々変遷を繰り返し現在に至ります。日本で介護エプロンが販売されるようになったのは50年ほどの歴史がありますが、当初は一般的なエプロンを用いることや病院などの医療用のエプロンが代替品として使用されていることが殆どであり、介護エプロンとし確立した専用の物は有りませんでした。また、家庭用の介護エプロンは手作り品などで賄われている場合も有りました。高齢者の介護他、医療現場での声が反映され撥水加工されたタイプや、介護者の身体に負担のかからない軽量化のタイプなど様々な物が開発されてきました。機能性に優れていることから介護に関わらず他の作業用途にも使われる場合もあります。

介護エプロンは介護をする人される人がもっと使いやすいものへと進化

介護エプロンは、介護をする人のみならず介護される側の人のことを考えて作られているものもあります。高齢による身体機能の衰えや、年齢に関わらず身体に何らかの障害を持つ人々の側に立って付け心地を考慮し、精神的な負荷が掛からない素材やデザイン、サイズなど様々なものがあります。主に食事に使用される場合が多いため、裾が邪魔にならないような工夫がされているタイプや衣服を必要以上に汚さずにすむような設計がされているものが主流です。また、介護する側が使用する介護エプロンは、ポケットが多く設けられているのに対して介護を受ける側のものは付属品がついていないことも特徴です。使い捨て介護エプロンもありますが、大量に使用する場合はコスト的なこともあります。起きて食事が出来る人用から起きられない人のための介護エプロンは、介護する側がさらに進化し装着しやすく素材や機能性も考慮され、加えてコスト的に抑えられた物が益々登場して行くでしょう。