高齢者の食事も安心快適~介護を支える知識と技術~

介護

予防と治療を行う

脂漏性角化症の治療方法

介護

脂漏性角化症とは紫外線や皮膚の新陳代謝の衰えにより高齢者に多い良性腫瘍の一つで「老人性いぼ」ともいわれます。 脂漏性角化症は良性ですが少しずつ大きくなるためまた皮膚がんの見間違いということもあり得るため、現代では医療技術も進み小さいものであれば簡単な治療で済みますので早めの対応が大事です。 脂漏性角化症の治療として一般的なのは液体窒素による凍結する方法です。 顔にできた脂漏性角化症には繊細に対応ができるレーザーを用いた治療が適しています。 病変が大きい場合や皮膚がんの疑いがあるものには外科手術で病変を切除し、病理検査を行います。 脂漏性角化症の治療の場合凍結方法と外科手術の場合は保険適用ですがレーザー治療の場合は多くは自己負担になります。 医療技術の発達に伴い治療方法も増え、昔に比べ傷跡が少なくなりました。

脂漏性角化症が気になったら

脂漏性角化症という難しい言葉でどのような症状なのか気になります。加齢や紫外線の影響によりできる茶色や黒色、または肌色のいぼのことで、年を重ねるうちに増えるため老人性いぼとも呼ばれています。ほとんどが良性腫瘍ですが、稀に悪性の場合があるため、まずは皮膚科を受診して検査をしてみることが必要です。 脂漏性角化症の治療法は、良性と診断されれば液体窒素による凍結療法や、レーザー治療、手術などがあります。紫外線があたる顔などの多くできるため、やはり取ってしまいたいと皮膚科を受診する方が多いです。 遺伝的な要因で若いうちから脂漏性角化症が見られる場合もありますが、近年の温暖化による紫外線の影響などを考えると、紫外線を浴びることが多ければ若くして脂漏性角化症が見られる方が増える可能性もあるかもしれません。予防のためにも食事などでビタミンを摂ることに気をつけ、紫外線を避ける努力やスキンケアをしていくことが大事になってきます。