高齢者の食事も安心快適~介護を支える知識と技術~

介護

高齢者に優しい調理方法

介護

高齢者の方の食事を上げる時に意識する事と注意すべき事を把握する事によって大切な方と過ごす時間を伸ばす事が出来るようになります。高齢者になるにつれて、あっさりとした食事を好みやすくなる傾向が強く、認知症になった場合は特に味つけの好みが変わりやすいと言われています。一人暮らしですと、簡単に食べる事が出来る食事に偏りがちですので、なるべくは一緒に過ごす事や介護サービスに頼る事で、バランスがよく健康的な食事をする事が出来るようになりますので、一緒にいる時間を長くするためにも工夫をした方が良いとされています。

高齢者の方は歳を重ねるにつれて筋力が低下しやすくなっていますので、食べやすいように調理をする事を心掛ける事が大切です。肉や野菜、ウモ類のように硬さが残りやすい食材は食べやすい大きさにする事で噛みやすくする事が出来ます。肉を叩いて柔らかくする事や、皮や脂身を取り除く事でさらに食べやすくなるでしょう。野菜の場合は、時間をかけて加熱する事で野菜の芯の部分も柔らかくする事が出来るので、顎が弱い方でも安心して食べる事が出来るようになります。皮は全てむく事で硬さの原因となる物を取り除き、切れ目などを入れる事でさらに食べやすく出来ます。どうしても硬い食材がある場合は、ミキサーなどで砕くなどして調理方法自体を変える事も手段の一つとなります。口から食べる事で、顎の筋力をキープするように出来ますし、五感を使って食事する事になるので脳の活性化にも効果があります。料理に一工夫するのは大変な事ですが、大切な方のためにも高齢者に優しい食事を上げるようにしましょう。食事中はテレビやラジオなどを消す事で食事に集中しやすくなり、料理の味がわかりやすくなり、喉に詰まるなどの自己防止にも繋がりますので、なるべくは食事に集中出来る環境を作って上げる事も大切です。